乳酸菌と免疫活性作用
一般的

乳酸菌と免疫活性作用

インフルエンザ予防に乳酸菌がいいということがここ数年メジャーになり、特にインフルエンザにかかると重症化しやすいご高齢者や幼児などには免疫力を強くする乳酸菌を積極的に摂取するようになってきています。
食の力、食べ物が持っている力には計り知れないものがあり、中でも乳酸菌は、私たちに最も身近で手軽、そして欠かせないものだということがわかってきています。

バランスのいい食生活を送る事、適度な運動を行い筋力をつけること、これらは免疫力を高めるために必要なことですが、そこにプラスしてほしいのが免疫活性作用のある乳酸菌です。
乳酸菌の働きがプラズマサイトイド樹状細胞という免疫細胞を活性化するという事が判明し、このプラズマサイトイド樹状細胞「pDC」は免疫細胞の司令塔となる事もわかってきました。

免疫細胞は血液の中の白血球であり、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)などがそれに当たります。
全身をパトロールしているNK細胞は進入してきたウイルスや細菌などを発見すると攻撃します。
この司令官となっているpDCも自ら先制攻撃を行い、またそのほかの免疫細胞たちに闘う指令をだし、連携を整えながら効率よく侵入者を攻撃、撃滅していくことがわかってきたのです。
乳酸菌がこのpDCを活性化するという事がわかっているのですから、インフルエンザや風邪などが流行る時期だけ、という事ではなく、常に強い体でいるために乳酸菌を継続的に摂取していきましょう。