過剰摂取視点の乳酸菌
一般的

過剰摂取視点の乳酸菌

整腸作用がある、アレルギー症状の改善ができる、美肌効果にダイエットにも最適という乳酸菌は、今予防医療などに関して注目が集まっています。
毎日継続的に摂取するという事が望ましい乳酸菌ですが、過剰摂取した場合、副作用的な問題があるのでしょうか。

乳酸菌を過剰摂取したからといって、副作用があるという事はありません。
なぜかというと、私たちの体内にもともと棲息している菌だからです。
乳酸菌の中でも胃酸に弱く死滅してしまうものもありますし、腸内に届くものもあります。
またこの菌は、腸内に滞在するほどの菌が増殖するまでにはかなりの量が必要であるという特徴があります。

ただ、乳酸菌を摂取する場合、多くはヨーグルト、チーズなどの食品類からの摂取となるため、大量に摂取した場合、脂肪摂取過多となり体重増加が気になったり、コレステロールの増大など健康被害があることも考えられます。
ヨーグルトや乳酸菌飲料ではなく、サプリメントなどの場合で、脂肪などが含まれていないものであれば、大量摂取したから何かの作用が出るという事は考えられないでしょう。
たくさんの乳酸菌を摂取したいという事なら、無糖タイプ、ノーファット、コレステロールゼロなどの食品を選ぶ、サプリメントを選ぶなどして工夫するといいでしょう。