動物性乳酸菌の詳細
一般的

動物性乳酸菌の詳細

乳酸菌は動物性、植物性があります。
生物学的に分けることもできますが、今回は動物性乳酸菌についてその種類、効果を理解していきましょう。

動物性の場合、栄養価が高い環境の元棲息するという乳酸菌ですが、胃酸などの消化液に弱い、酸に弱いという特徴を持っています。
植物性の方が胃酸など消化液に強いものが多く、動物性はあまり質が高くないといわれてきましたが、最近の研究では、胃酸に強く腸内に生きたまま到着する動物性乳酸菌が発見され、ヨーグルトなどの商品に利用されています。
動物性も整腸作用のほか、免疫機能を強化、活性化してくれるものがあり、植物性と動物性をバランスよく摂取していくことが望ましいとされています。

ラクトバチルス属の乳酸菌は、動物性と植物性、また腸管系があります。
ヨーグルトやチーズなどに含まれる菌類で、ブルガリスクなどがそれに当たります。
ラクトコッカス属は動物性乳酸菌で、バター、ヨーグルト、チーズなどに多く含まれていて、代表的なものとしてはカスピ海ヨーグルトのラクティスなどです。
腸内環境を整える効果があり、手軽に購入できる食品類に豊富に含まれています。
ストレプトコッカス属も動物性乳酸菌の種類となります。
腸管系もありますが、ヨーグルトのサーモフィルスなどがこの系統です。