便秘を解消する乳酸菌の仕組み
一般的

便秘を解消する乳酸菌の仕組み

昔から便秘にはヨーグルト、つまり乳酸菌が効果的といわれ多くの方が食生活の中に取り入れています。
乳酸菌は私たちの体にとって必要不可欠なものです。
なぜ便秘に乳酸菌が効果的なのか、その仕組みを知っておきましょう。

乳酸菌を毎日継続的に摂取すると腸内で乳酸など有機酸を整正します。
この乳酸など有機酸は、腸の蠕動運動を活発にするという働きを持っているほか、腸内の悪玉菌の増殖を抑制し、「腸内を弱酸性に保持」してくれるのです。
アルカリ性に傾くとガスが発生したり毒性の強い老廃物を腸内に残すなど腸内環境が悪くなります。
乳酸菌を摂取することで腸内環境が良くなり、腸の蠕動運動がしっかり行われるようになり、便の排出能力が高くなるというわけです。

また、乳酸菌のすごいところは水分量調節ができるという点です。
便が固くなると排出しにくくなります。
そうならないように便の水分量を調節し排出しやすい便にしてくれるという作用も持っているのです。

乳酸菌は、1日摂取したからと言って即効果があるというものではありません。
継続的に摂取することでゆっくりと腸内で働きを強めていく菌類です。
そのため、毎日適量を摂取していくことが便秘解消、便秘体質を改善し便秘に戻らない体を作りだしてくれます。
エサとなるオリゴ糖や食物繊維などを共に摂取するとより働きが活性化されるので、バランスのいい食生活を心がけるという事も大切です。