アレルギー疾患予防を対応する乳酸菌
一般的

アレルギー疾患予防を対応する乳酸菌

アレルギーをお持ちの方がとても多くなっています。
アレルゲンとなるスギ花粉やダニ、埃、食べ物などが体内に入ってくるとこれを排除するためにBリンパ球が2型ヘルパーTリンパ球のサポートを受けて、IgEという物質を作ります。
ヘルパーTリンパ球には1型と2型があり、IgE 作成のために利用されるのが2型ヘルパーTリンパ球、IgEを抑制しようとするのが1型ヘルパーTリンパ球なので、1型と2型のバランスが悪くなり、アレルギー症状を引き起こしてしまいます。

ではこのような仕組みを持っているアレルギー疾患の症状を乳酸菌がどう改善してくれるのか、それを理解しましょう。
乳酸菌はIgE 抑制の力がある、また1型ヘルパーTリンパ球の働きを強化するという事がわかっていました。
これにプラスしてマウスの実験ですが、乳酸菌が2型ヘルパーTリンパ球を抑制したという研究結果が出たのです。
つまり、この研究によって、乳酸菌は1型ヘルパーTリンパ球を強くし、2型ヘルパーTリンパ球を抑制する、こうしてIgEを抑え込むことができるためアレルギー症状を改善する事が出来るということが判明したのです。
アレルギー疾患の症状改善に効果がある乳酸菌としては、血液中のIgE 抗体の上昇が抑制されるKW3110株や花粉症症状改善緩和がみられるラクトバシラス アシドフィルスL-55株、アトピーに効果的という結果が出ているラクトバシラス アシドフィルスL92株などです。